歌の上手い下手は何で決まるのか

こんにちは!

縁歌男子Kengoです(o^^o)

 

今回は

上手い歌、下手な歌とは何か?

についてです!

f:id:tachibanahideki:20171117204657j:image

 

たまに聞かれるんです。

「俺/私って歌うまいかなぁ、下手かなぁ?」

 って、、

 

そこで今回

ズバッと本音を言いましょう!!

 

上手い下手の基準、それは、、、

 

 

 

 

 

 

 

“分っかりませーーーん( ˆoˆ )/笑笑”

 

そう!!

分からない!

ってか本当は誰もが分かるはずないんですよ!

 

と言うのが自分の持論です。

 

私は一番最初の投稿のタイトルに

“人は誰一人として自分と同じ人生を歩んだ人はいない”

と書いたように

 

歌を唄う1つ1つに歌う人の気持ちが入っていればそれだけでいいと思うんです!

 

つまり一般的に言われている上手い下手と言うのは

“正しい発声、正しい発音”が出来ているか?

と言うところだけで決めてしまいがち、

 

だから

発声発音が苦手な人は

“自分は歌が下手だ”

とか

“歌うと笑われそう”

だとか

劣等感を感じてしまい、

スケールの小さい歌になってしまいがち…

 

これ結構な悪循環なんですね(^◇^;)

 

そして、

コンピュータの発達によって

カラオケ機における採点ゲームのクオリティがかなり高くなりました。

それも良し悪しで、

その採点だけで上手い下手が決められてしまう事が増えてしまう。。。

 

でも考えて欲しい、、

人が聴いてて“いいなぁ”

って思うこと

機械が聴いてて“良い”

って判断するのは

基準全く同じだと思いますか?

 

自分の持論を更に言いましょう!

 

歌が本気で上手くなりたいなら、

カラオケの採点ゲームに執着する事から卒業ししてほしい!!

 

それをやめて

自己表現の研究に努めればいい、

音程なんて多少外しても

人に“コトバ”

は伝わるから。。

 

“音程だけが全てじゃない、あなたが生きてきた人生を歌にぶつけて欲しい”

それが出来る人はみんな上手い!!

それに価値なんて他人が付けれないですよ(o^^o)

それに気付けたら

あなたの歌唱力は飛躍的にアップします!

絶対!!

 

 

まぁ、、カラオケ大会出まくっていた自分が言うのもアレですが…(^◇^;)笑笑

 

〜Kengo